&ROSY 2月号にて掲載されました。

&ROSY 2月号にて掲載されました。

顔のフレームにこだわるというプロふたりの考えが形にアイシャドウやリップなど、私達は顔の主役パーツを彩るアイテムにばかり気を取られがちですが、プロのアーティストが重視しているのは“毛のニュアンズ。顔のフレームとなり立体感を構築する眉。同じく顔のフレームとして、ツヤと動きでニュアンスをプラスする髪。地味なようで難しい、このふたつを簡単にコントロールするアイテムを、ふたりのアーティストが開発しました。
自分らしい魅力を際立たせる”ディファインメイグでおなじみのメイクアップアーティスト・水野未和子さんは、この冬、新ブランド「definebrush」(ディファイン ブラシ)をプロデュース。第1弾として、まるでプ口のテクニックを内蔵したかのように使いやすい、アイブロウブラシを発表しました。